×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの資金計画ガイド



住宅地区改良法とは?

住宅地区改良法とは?

住宅地区改良法というのは、昭和35年に制定された法律です。

住宅地区改良法の目的は、不良住宅が密集する地区の改良事業に関して、事業計画や改良住宅の建設等を規定し、住宅の集団的建設の促進をすることにあります。

住宅地区改良法の内容は?

住宅地区改良法では、次のようなことが定められています。

■国土交通大臣は、不良住宅が密集して、保安、衛生等に関し、危険まあは有害な状況にある一団地等を「改良地区」として指定することができる。

■改良地区内で、土地の形質の変更、建築物等の新築・改築・増築等を行う場合には、都道府県知事の許可を受けなければならない。

なお、改良地区の指定については、改良区域内に掲示された掲示によって確認することができます。

関連トピック
住宅着工統計とは?

住宅着工統計というのは、建築着工統計調査のうち、住宅の新設、増改築の着工動向について、国土交通省が毎月発表している統計資料のことをいいます。

特に、新設住宅着工に関するデータについては、住宅建設の動向を表すものとして重視されています。

住宅着工統計の集計項目は?

住宅着工統計の集計項目には、着工住宅に関する次のようなものがあります。

■戸数
■種類
■建築工法
■利用関係
■資金調達区分...など


沈みとは?
事前着工とは?
住宅性能保証制度の保証書の登録業者が倒産したら?
住宅着工統計とは?
沈みへの対策は?
住宅性能保証制度とは?
住宅地区改良法とは?
住宅付置義務とは?
住宅ローンとは?
解除
調停と自己破産
借用書では壱弐参
小規模個人再生
私道負担
収益還元法
住宅金融公庫
ローン条件の変更と手続き
準都市計画区域
地盤沈下
借地権の存続期間
住宅品質確保法
準耐火構造・準耐火建築物
使用貸借

Copyright (C) 2011 住宅ローンの資金計画ガイド All Rights Reserved