×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの資金計画ガイド


住宅ローンの資金計画ガイド

住宅ローンの資金計画ガイドは、住宅ローンを利用してマイホームを取得する際の資金計画に関する情報サイトです。資金計画について生じた疑問にQ&A形式でわかりやすく解説していいます。

※最新住宅ローンの資金計画ガイド(2010-2011)はこちら
※税制改正等については「サラリーマンの税金ガイド・税制改正編」を参考にしてください。
スポンサードリンク
住宅ローンの資金計画
自分はいくらまで借りられるの?
年収によってどのくらい返済比率が違うの?
頭金はどれくらい必要?
いくらぐらい借りられるのか知りたい場合は?
土地を購入して住宅を建設する場合は?
金利が1%上昇すると返済はどのくらい苦しくなるの?
住宅ローンの資金計画のポイントは?
ボーナス払いはどのくらいにしたらいいの?
頭金ゼロの注意点は?
子供が小さい場合の住宅ローンの選択は?

メインバンクでないと住宅ローンは組めない?
銀行が破綻したらどうなるのですか?
信金や地銀の特徴は?
金融機関の格付は必要?
語学力や技術力での金利優遇特典とは?
最近の住宅ローンの特徴は?
住宅ローンの情報収集方法は?
住宅ローンを組めるところは?
審査で職業はどれくらい影響する?
働く女性向けの住宅ローンは?

JAの住宅ローンとは?
提携ローンとは?
提携ローンと非提携ローン
ネットの住宅ローンの利用法は?
金利優遇キャンペーンの注意点は?
労働金庫の住宅ローンとは?
提携ローンの手続きは?
住宅ローンキャンペーンの利用法は?
住宅ローンキャンペーンの理由は?
環境配慮型住宅ローンとは?

リバースモーゲージとは?
夫婦間や親子間の売買の場合は?
銀行や機構以外の住宅ローンは?
保証料の外枠と内枠とは?
建築費用の範囲は?
自治体融資とは?
自己資金のみでの購入は?
子や親のための住宅は?
社内融資のメリット・デメリットは?
住宅ローンを組む際の諸費用は?

固定資産税の軽減措置とは?
都市計画税の軽減措置とは?
買い換えで損が出た場合は?
マイホームを売却して収入を得たら?
3,000万円特別控除の特例の条件は?
3,000万円特別控除の特例が受けられない場合は?
固定資産税評価額の決め方は?
税務署からの「お尋ね」とは?
譲渡損失の繰越控除を受けるには?
マイホームを売却した時の控除は?
所有期間10年超の居住用財産の特例とは?
不動産用語の基礎知識
沈みとは?
事前着工とは?
住宅性能保証制度の保証書の登録業者が倒産したら?
住宅着工統計とは?
沈みへの対策は?
住宅性能保証制度とは?
住宅地区改良法とは?
住宅付置義務とは?
住宅ローンとは?

成功報酬主義とは?
正常価格とは?
政令とは?
世界不動産連盟とは?
ゼネコンとは?
契約が無効の場合の報酬は?
不動産鑑定評価基準の正常価格とは?
政令で定める使用人とは?
接道義務とは?
ゼネラル・パートナーシップとは?

DCF法とは?
不動産以外の抵当権は?
手付とは?
手付金等寄託契約とは?
手付金等の保全措置とは?
抵当権とは?
序盤とは?
手付と当事者の意思
手付金等寄託契約約款とは?
手付金等の保全の方法は?

難燃材料とは?
二重譲渡とは?
任意組合とは?
任意法規とは?
抜き行為とは?
難燃材料の認定は?
二世帯住宅とは?
任意組合型・1号商品とは?
私法上の任意法規と強行法規は?
農地の転用制限とは?

文化財保護法とは?
文化財保護法の記念物に関する内容は?
文化財保護法の重要文化財等の指定の通知とは?
変更登記とは?
返済能力とは?
文化財保護法の有形文化財に関する内容は?
文化財保護法の市町村に関する内容は?
分野調整とは?
権利の変更登記とは?
保安林とは?
住宅ローン便利サイト
住宅ローン控除ガイドT
住宅ローン控除ガイドU
マイホームの税金ガイド
財形住宅融資ガイド
住宅ローンの税金ガイド
マイホームの保険ガイド
フラット35・住宅ローン入門
フラット35得する情報館
住宅ローンの資金計画ナビ
マイホームの税金入門

住宅ローンの資金計画入門
住宅ローンの資金計画情報館
住宅ローンの資金計画早分かり
住宅ローンの金利比較ガイドその1
住宅ローンの金利比較ガイドその2
フラット35金利比較ガイド
住宅ローンの見直しガイド
はじめての住宅ローン入門その1
はじめての住宅ローン入門その2
はじめての住宅ローン入門その3
借入・ローン便利サイト
ローンの法律
クレジットの法律
金融・ローン法律
クレジットカード・ローン法律
新着トピックス
子供が小さい場合にはどのような住宅ローンを選んだらよいでしょうか?
子供が小さい家庭の場合には、教育資金や老後資金、ライフプランの変化への柔軟性、中長期の安定した返済にポイントを置いて...

教育資金や老後資金のポイントとは?
子供一人育てるのにおよそ2,000万円がかかるといわれていますので、ローンの返済とともに教育費や老後資金の確保についても...また、教育費の場合は、フロー部分とストック部分の両面から手当てする必要がありますので、返済可能額から将来のフロー分の教育費を差し引いた金額を返済可能額...

ライフプランの変化への柔軟性のポイントとは?
子供が成長していくにつれて生活費もかさんでいくものです。なので、住宅ローンは、こうした家族のライフプランの変化に機動的・柔軟に...具体的には、返済が滞ったときの救済制度、変動から固定への金利タイプの変更のしやすさやその手数料、返済スタイルの変更...

中長期の安定した返済のポイントとは?
現在は低金利ですが、低金利の住宅ローンであれば何でもよいというわけには...具体的には、事務手数料の金額、繰上返済や金利変更の際の手数料、保証料はかかるのか、団体信用生命保険料は金利込みなのか...

特に、子供が小さいということは、ライフプランの中でもこれから教育費や生活費が増えていく可能性が大きいですので、短期で金利が低いというものよりも...

繰上返済はした方がよいのでしょうか?
繰上返済をすると利息を軽くする効果があるというメリットはありますが、繰上資金は戻らないとか実際に繰上効果が実感できるのは...よって、現在子供が小さくて、これから教育資金や生活資金が増えていくようなご家庭の場合には、貯金をすべて繰上返済に使ってしまうというのは...
免責
住宅ローンの資金計画ガイドで提供している内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当サイトは一切責任を負いかねます。
プライバシーポリシー

Copyright (C) 2011 住宅ローンの資金計画ガイド All Rights Reserved