×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの資金計画ガイド



二重譲渡とは?

二重譲渡とは?

二重譲渡というのは、売主Aが同一の権利をBとCに二重に譲渡することをいいます。

AがBに譲渡すると、Aは何も持たなくなるので、さらにその所有権をCに譲渡することはできないようにも思えます。

しかしながら、法律上の権利というのは物質的なものではなく、観念的な存在なので、いったんBに移転した権利をさらにCに移転することも可能であると解されているのです。

二重譲渡の効力は?

BC間では、先に対抗要件※を具備した方が優先します。

ただし、対抗力において劣後した者は、Aに対して、引渡し不能による損害賠償など契約上の責任を問うほかなくなります。

ちなみに、二重譲渡は指名債権にもあります。

なお、二重譲渡と同じ関係は、Aが不動産をBに譲渡し、他方Aの債権者Cがこれを差し押さえるときなどにもあります。

この場合は、登記の早いほうが優先します。

※不動産では登記、動産では引渡しです。


難燃材料とは?
二重譲渡とは?
任意組合とは?
任意法規とは?
抜き行為とは?
難燃材料の認定は?
二世帯住宅とは?
任意組合型・1号商品とは?
私法上の任意法規と強行法規は?
農地の転用制限とは?
農地法
売買
ハートビル法
標識の掲示
袋地
媒介契約
シーリング材のパテだれ
ビークル
表示登記
物権
住宅金融組合
商事法定利率
少額訴訟
クレジットカード

Copyright (C) 2011 住宅ローンの資金計画ガイド All Rights Reserved