×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの資金計画ガイド



私法上の任意法規と強行法規は?

私法上の任意法規と強行法規は?

私法では、次のようなものは強行法規であることが多いです。

■身分、会社、物権など第三者の利害に関するもの
■借地、借家労働などの社会法

しかしながら、それ以外の民事法というのは、ほとんどが任意法規です。

任意法規の区分は?

任意法規は、次のものに分けられます。

解釈規定
⇒ 当事者の意思解釈のためのものです。

補充規定
⇒ 当事者の意思表示の補充のためのものです。

関連トピック
抜き行為とは?

抜き行為というのは、業者に不動産取引の媒介を依頼し、その結果知った物件等をその情報元の業者を通さずに取引を成立させることをいいます。

不動産取引における抜き行為とは?

不動産取引には、多くの業者が関与する場合があります。

このような場合に、結果的にその中の特定の業者のみが最後まで関与したとき、それが抜きに該当するのか、単に競争に勝ったにすぎないのか、などの判定については個々のケースによることとなります。


難燃材料とは?
二重譲渡とは?
任意組合とは?
任意法規とは?
抜き行為とは?
難燃材料の認定は?
二世帯住宅とは?
任意組合型・1号商品とは?
私法上の任意法規と強行法規は?
農地の転用制限とは?
不動産投資信託の配当利回り
罰則
PMLの想定地震規模
風致地区
物件検索
媒介報酬(仲介報酬)
ビル経営管理士
表示事項
附記登記
不動産鑑定評価基準
住基ネット
消費者責任
証書貸付
クレジット

Copyright (C) 2011 住宅ローンの資金計画ガイド All Rights Reserved