×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの資金計画ガイド



年収によってどのくらい返済比率が違うの?

年収によってどのくらい返済比率が違うのですか?

住宅ローンでは、年収によって年間の返済金額に基準を設定しています。これは、将来に渡り安心して返済できるようにするためです。

一般的には、収入の低い人の方が年収に占める生活費の割合が高くなるので、年収が低い人ほど年収に占める年間返済金額の基準は厳しいものになっています。

どの金融機関でも、返済比率の上限は40%以内というのはほぼ同じようです。ただし、年収による区分は民間金融機関と公的金融機関では異なりますので確認が必要です。

一般的には、都銀⇒地銀⇒信金・信組の順に年収に対する返済比率の基準は緩くなっているようです。

とはいっても、返済比率というのはあくまでも審査基準の一つであって、借りられる額は返せる額というわけではありません。

なので、実際に資金計画を立てる際には、単に返済比率から算定するのではなく、食費や教育費など生活に必要な経費を圧迫しないような返済金額を明確にしたうえで、借入額を決定するようにしたいものです。

返済比率を算出する際の金利と年収について

返済比率を算出する際の金利というのは、実際の融資金利ではありません。その時々の金利情勢に合わせた金融機関独自の金利が採用されています。

また、返済比率を算出する際の年収というのは、手取額ではなく支給額です。

フラット35では返済比率はどのようになっていますか?

フラット35の返済比率は次のようになっています。

■300万円未満 ⇒ 25%以内
■300万円以上400万円未満 ⇒ 30%以内
■400万円以上700万円未満 ⇒ 35%以内
■700万円以上 ⇒ 40%以内


自分はいくらまで借りられるの?
年収によってどのくらい返済比率が違うの?
頭金はどれくらい必要?
いくらぐらい借りられるのか知りたい場合は?
土地を購入して住宅を建設する場合は?
金利が1%上昇すると返済はどのくらい苦しくなるの?
住宅ローンの資金計画のポイントは?
ボーナス払いはどのくらいにしたらいいの?
頭金ゼロの注意点は?
子供が小さい場合の住宅ローンの選択は?
親から借金するときの注意点
安定した返済計画と金利動向
金利の優遇幅
繰上返済に有利なローン条件
フラット35の収入合算
フラット35の収入合算
利用者の多い金利タイプと期間
フラット35(買取型)の融資期間などの要件
銀行の収入基準
カードローンの残高がなくても審査に落ちる
貸金の送金・現金書留
与信
無担保無保証
友人・プレゼント商品・クレジット利用

Copyright (C) 2011 住宅ローンの資金計画ガイド All Rights Reserved