×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの資金計画ガイド



いくらぐらい借りられるのか知りたい場合は?

実際にいくらぐらい借りられるのか知りたいのですか…

実際にいくらぐらい借りられるのかというのは、自分で計算してみてもわかります。

ここでは、年収600万円のサラリーマンが頭金20%を用意して返済比率を20%程度の負担にしたら、いくらぐらい借りられるのかを計算してみたいと思います。なお、ボーナス返済はなしです。

まず、年間の返済額は次のようになります。

■年収600万円×返済比率20%=120万円

毎月の返済額は次のようになります。

■年間の返済額120万円÷12か月=10万円

上記から、全体の借入可能額は次のようになります。

■毎月の返済額10万円÷100万円あたりの返済額4,133円※×100万円=約2420万円

※3.5%で35年間と仮定した場合です。

よって、このケースの場合ですと、約2400万円まで借入が可能ということがわかります。

ちなみに、購入可能な住宅の価格は次のようになります。

■物件の価格=借入可能額2420万円÷80%=約3,025万円

なお、この場合の頭金は次の金額が必要ということになります。

■頭金=3,025万円×20%=約605万円


自分はいくらまで借りられるの?
年収によってどのくらい返済比率が違うの?
頭金はどれくらい必要?
いくらぐらい借りられるのか知りたい場合は?
土地を購入して住宅を建設する場合は?
金利が1%上昇すると返済はどのくらい苦しくなるの?
住宅ローンの資金計画のポイントは?
ボーナス払いはどのくらいにしたらいいの?
頭金ゼロの注意点は?
子供が小さい場合の住宅ローンの選択は?
住宅ローンはいつ借りたらよいか
収入が低い人は返済負担率が高いか
変動金利型の活用方法
妻からの贈与によって繰上返済する場合
借換えの際に担保評価が低いと言われたら
住宅資金向けの積立商品
変動金利と固定金利の選び方
手数料が高くても金利が低い方が有利か
家族の収入と負債への審査
投資用マンションには利用できるか
テレフォンローン
消費者金融・他社利用件数
ブラックリスト・悪徳業者
提携ローン契約

Copyright (C) 2011 住宅ローンの資金計画ガイド All Rights Reserved