×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの資金計画ガイド



ボーナス払いはどのくらいにしたらいいの?

ボーナス払いはどのくらいの割合にしたらよいのでしょうか?

住宅ローンを組む際には、あまりボーナスに頼った返済計画を立てるのはおすすめしません。

安心したゆとりのある返済にするためには、「毎月の返済」で賄える程度の返済計画にする必要があります。

昨今では、ボーナスは以前にも増して企業の業績に左右されるようになりましたし、年俸制を導入する企業も増加していることから考えても、ボーナスに頼りすぎるのはリスクが高いです。

一般的に、金融機関のローンではボーナス払いは4〜5割程度までとなっているのですが、ボーナス払いを多くすると、毎月の返済が楽な反面、ボーナス時の負担が大きくなります。

なので、住宅ローンの返済については、あくまでも「毎月払い」をベースに、ボーナス払いは多くても2割程度に抑えておきたいところです。

ちなみに、借入金額3,000万円、金利3%、期間35年とした場合の概算では、「ボーナス返済なし」と「ボーナス返済50%」を比較すると、「ボーナス返済50%」の方は、毎月の返済額が半分程度になるもののボーナス月は約4倍ほどの返済額になり、さらに総返済額も高くなっています。

こうしたことを考えますと、住宅ローンを組んだ当初はボーナス併用を利用したとしても、繰上返済時にはボーナス返済から充てていくなどの工夫をしていくことも重要になってきます。


自分はいくらまで借りられるの?
年収によってどのくらい返済比率が違うの?
頭金はどれくらい必要?
いくらぐらい借りられるのか知りたい場合は?
土地を購入して住宅を建設する場合は?
金利が1%上昇すると返済はどのくらい苦しくなるの?
住宅ローンの資金計画のポイントは?
ボーナス払いはどのくらいにしたらいいの?
頭金ゼロの注意点は?
子供が小さい場合の住宅ローンの選択は?
住宅ローンの申込書類
住宅取得の窓口の一本化
固定金利選択型の選び方
繰上返済の種類
会社経営者や自営業者のローン審査
頭金以外に現金が必要な諸費用
住宅ローン金利の先行きの予想方法
フラット35(買取型)のデメリット
収入合算
店舗や事務所併用住宅の住宅ローン控除
振込ローン・銀行振込手数・負担
消費者金融業者・利用件数重視
ブラックリスト
ローン提携販売

Copyright (C) 2011 住宅ローンの資金計画ガイド All Rights Reserved