×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの資金計画ガイド



頭金はどれくらい必要?

一般的に、頭金はどれくらい必要なのでしょうか?

一般的には、頭金は少なくとも20%程度用意して、ローンの借入額は物件の80%程度に抑えるというのが理想的と言われています。また、年間のローン返済額は年収の25%以内に抑えるのが理想的です。

ちなみに、フラット35の借入限度額は購入金額等の80%となっています。

少し古い資料ですが、2003年の住宅金融公庫「公庫利用者調査報告書」によれば、次のように住宅の種類によって頭金を用意する金額も異なるようです。

(物件に対する頭金の割合)
■マイホームを新築した人 ⇒ 約30%
■建売住宅を購入した人 ⇒ 約27%
■マンションを購入した人 ⇒ 約20%

(返金借入残高)
■マイホームを新築した人 ⇒ 1,797.2万円
■建売住宅を購入した人 ⇒ 2,599万円
■マンションを購入した人 ⇒ 2,467.3万円

ちなみに、2004年の家計に関する世論調査では、自己資金目標額を500万円未満としている世帯が約38%ということです。

マイホームを取得する際の、頭金をいくら用意して、住宅ローンをいくらにするのかということについては、将来の金利動向も考慮して検討する必要があります。

特に、将来金利が上昇する可能性がある場合には、より余裕のある返済計画を立てることが大切です。


自分はいくらまで借りられるの?
年収によってどのくらい返済比率が違うの?
頭金はどれくらい必要?
いくらぐらい借りられるのか知りたい場合は?
土地を購入して住宅を建設する場合は?
金利が1%上昇すると返済はどのくらい苦しくなるの?
住宅ローンの資金計画のポイントは?
ボーナス払いはどのくらいにしたらいいの?
頭金ゼロの注意点は?
子供が小さい場合の住宅ローンの選択は?
物件購入から融資実行までの流れ
ライフステージの変化に合わせた返済計画
民間住宅ローンの金利情報
一気に返済とこまめに返済ではどちらが有利か
親子リレー返済
自己資金はいくら必要か
ゼロ金利政策解除の影響
フラット35(買取型)のメリット
退職間近の申込
店舗や事務所を併用する場合
顧客名・会社名・業者対応
利用限度額・増額方法
全情連・延滞
契約・審査・情報

Copyright (C) 2011 住宅ローンの資金計画ガイド All Rights Reserved