×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの資金計画ガイド



メインバンクでないと住宅ローンは組めない?

メインバンクでないと住宅ローンは組めないのですか?

最近、住宅ローンを利用するには、公共料金の引き落とし、給与振込、銀行クレジットカードの作成などを条件にしているところが多いようです。

これはもちろん顧客獲得のためなのですが、住宅ローンを組む銀行が自宅から遠かったり、通常利用している金融機関ではない場合には、公共料金やクレジットカードの引落口座を変更したり、毎月返済金額を引落口座へ振込んだりとかなり手間がかかることにもなります。

よって、金利のメリットだけでなく、その後の生活スタイルや返済後の利便性なども考慮してトータルでメリットを判断するようにしたいものです。

金融機関の金利優遇サービスにも条件があるのですか?

金融機関では、色々な金利優遇サービスを行っていますが、そのほとんどが次のような条件を設けています。

■公共料金の口座振替が一定種類以上あること
■給与振込または年金振込口座にすること
■銀行のクレジットカードを作成すること
■貯蓄預金、定期預金、財形貯蓄のいずれかを利用していること

上記に加えて、信用金庫や地方銀行の中には、毎月積立をしていることを条件にしているところもあります。

そして、それらの条件をいくつ満たしているかによって金利優遇が決まるケースも多く、金融機関とのどれだけ懇意にしているかによって金利が変わってくるといえます。

ちなみに、勤務先によっては給与振込口座は変更できない場合もあるので、条件の確認は必須です。


メインバンクでないと住宅ローンは組めない?
銀行が破綻したらどうなるのですか?
信金や地銀の特徴は?
金融機関の格付は必要?
語学力や技術力での金利優遇特典とは?
最近の住宅ローンの特徴は?
住宅ローンの情報収集方法は?
住宅ローンを組めるところは?
審査で職業はどれくらい影響する?
働く女性向けの住宅ローンは?
金利優遇キャンペーンの注意点
団体信用生命保険の活用法と注意点
公庫の廃止
離婚の際に住宅ローンが残っている場合
マイホーム購入時の諸費用
新規のJA住宅ローン
公庫の団信への加入条件
フラット35(保証型)の頭金・収入基準
変動金利型の未払い利息のリスク
フラット35の親子リレー返済
貸金業者・誇大広告
延滞
初回平均貸付額
契約書受入後・立替払対象金額・訂正

Copyright (C) 2011 住宅ローンの資金計画ガイド All Rights Reserved