×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの資金計画ガイド



住宅ローンの情報収集方法は?

住宅ローンの情報収集する際に注意する点はありますか?

住宅ローンについての情報収集をする際には、繰上返済も含めた返済スタイル、返済額の安定性と金利、経費、医療などの保障などにポイントをおくとよいと思われます。

繰上返済も含めた返済スタイルについて

元金均等返済にする場合には、元金均等返済を取扱っている商品を予め探しておいて、それから条件を絞っていくと手間が省けます。

また、繰上返済は期間を短縮でき、金利の上昇リスクも回避できるので、ある程度定期的に繰上返済できる場合には、繰上返済機能が充実した商品に着眼して探すとよいと思われます。

返済額の安定性と金利について

長期固定金利型は借入期間全期間において返済額を確定させるものですが、これについては、フラット35や大手都市銀行商品の個別金利について情報収集します。

また、短期固定金利型は目先の返済額を抑えることができますが、これについては、個別に金利を割り引いている信用組合や地方銀行も含めて情報収集するようにします。

経費について

予め用意できる現金が少ない場合には、当初かかる保証料などの諸経費はできるだけ抑えなければなりません。

事務手数料や繰上返済手数料など全体的な経費を抑える場合には、保証料がかからないとかインターネットを利用した返済が可能かなどに着目して商品を探すとよいと思われます。

医療などの保障について

就労できなくなった場合や三大疾病になった場合のローン返済リスクをどのように回避するかというのはとても大切になります。

最近は、所得補償的な機能をつけられる商品や、三大疾病により一定の状態になった場合にローンが免除される商品なども出ていますので、返済できなくなるリスクを回避するという点を重視する場合には、そのことに着目して商品を探すようにします。

また、ローンに特約で付帯した場合は、保険料は安くなりますが、住宅ローンを完済した時に保障がなくなりますので注意が必要です。

特にローン完済時というのは、高齢になっていることが予想されますので、ローンの特約に頼った保障のかけ方はリスクが大きいといえます。


メインバンクでないと住宅ローンは組めない?
銀行が破綻したらどうなるのですか?
信金や地銀の特徴は?
金融機関の格付は必要?
語学力や技術力での金利優遇特典とは?
最近の住宅ローンの特徴は?
住宅ローンの情報収集方法は?
住宅ローンを組めるところは?
審査で職業はどれくらい影響する?
働く女性向けの住宅ローンは?
SBIモーゲージの借り換えの融資条件
担保保証
フラット35の団信
ローンが残っている住宅を賃貸にした場合
手付金
スターワン住宅ローンの融資条件
住宅ローン控除の選択肢
買取型と保証型の異なる要件
融資の申込み、契約などのスケジュール
資金援助の税金
貸金業者・身分証明書・携帯
任意整理
利息の計算
分割手数料

Copyright (C) 2011 住宅ローンの資金計画ガイド All Rights Reserved