×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの資金計画ガイド



信金や地銀の特徴は?

信金や地銀の住宅ローンの特徴はどのようなものですか?

最近では、信金や地銀の商品は、大手銀行やネットバンクの商品との差はなくなっていますが、それでも取引の綿密さに応じた大幅な金利優遇や、より細分化されたサービス、審査がややゆるいといった特徴があります。

また、信金や地銀のほとんどで、ガン保障や三大疾病保障の特約を付加することができます。

信金や地銀をメインバンクとして利用すると、大手金融機関よりも低金利でローンが組めたり、意外なサービスを受けられたりと、場合によってはかなり有利な条件で融資を受けられることがあるので候補の一つとして検討したいところです。

ただし、信金や地銀の場合は、営業区域内に在住していたり事業所がある人など、ローンを利用できる人が限定されていることもありますので注意が必要です。

具体的にはどのような特徴があるのですか?

信金や地銀の住宅ローンの具体的な特徴としては次のようなものです。

■多くの金融機関で取引年数の長さや取引の深さによって、金利優遇幅に差をつけているようです。

具体的には、公共料金やローンカードの引落し、口座振替、バンクカードの利用をすれば金利の優遇があったり、5年以上の取引があれば0.2%の金利優遇をしたりといたものです。

■ほとんどの金融機関で、ガンや三大疾病になった際の保障の特約を付けることができるなど、商品の保障機能を充実させるところが増えています。

■申込時年齢が35歳以下の場合には、借入最長期間を40年にするといった独自のサービスがあります。

■およそ年収200万円程度から融資可能な金融機関が多く、年収100万円から融資可能など年収要件の下限が低い金融機関も見られます。

■一般的に資金用途が広くなっています。

具体的には、リフォームローンの場合は、インテリア購入費や諸費用も融資額にオンすることができたりします。

■保証料は高くなるものの、新規借入時や借換え時に担保の250〜300%程度まで融資が可能など融資枠が柔軟な場合が多いです。


メインバンクでないと住宅ローンは組めない?
銀行が破綻したらどうなるのですか?
信金や地銀の特徴は?
金融機関の格付は必要?
語学力や技術力での金利優遇特典とは?
最近の住宅ローンの特徴は?
住宅ローンの情報収集方法は?
住宅ローンを組めるところは?
審査で職業はどれくらい影響する?
働く女性向けの住宅ローンは?
金利ミックス型
抵当権順位の条件
マイホームの購入価格
個人再生手続
申込証拠金・内金
ネットバンクの住宅ローン
新築マンション購入の際のポイント
フラット35と財形融資の併用
具体的なマイホーム購入の流れ
相続時精算課税制度の利用
無人店舗・登録
特定調停・メリット
利息制限法・上限金利20%
立替払契約

Copyright (C) 2011 住宅ローンの資金計画ガイド All Rights Reserved