×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの資金計画ガイド



語学力や技術力での金利優遇特典とは?

語学力や技術力などのスキルによって金利が優遇されるローンはあるのですか?

最近、金融機関によっては独自のサービスを始めていますが、中でも個人向けの金融サービス会社「GE Money」では、次のような比較的柔軟な融資で注目を集めています。

■派遣や契約社員向け、転職者でも融資が可能である。
■日本居住の外国人に対しても英語で対応可能である。
■注文住宅特有の資金ニーズにも応える。

上記のように、他の金融機関ではなかなか取扱わないローンについても柔軟に対応しているのですが、そんな中でも特異なのが、全商品に共通の特約になっている「IT系資格による金利優遇」と「TOEICスコアによる金利優遇」というスキルによる金利優遇があります。

この特典が受けられると、スキルによって基準金利が最大で0.2%ほど有利になります。

スキルによる金利優遇とはどのようなものですか?

「GE Money」のスキルによる金利優遇とは次のようなものです。

IT系資格による金利優遇
・システムアナリスト8種類のIT系資格保有者・・・0.2%金利優遇
・ソフトウェア開発技術者など・・・0.1%金利優遇

TOEICスコアによる金利優遇
・TOEICのスコア900点以上・・・0.2%金利優遇
・TOEICのスコア800点以上900点未満・・・0.1%金利優遇
※申込時に公式認定書か2年以内のスコアレポートが必要です。また当然ですが、英語を母国語とする人は対象外です。


メインバンクでないと住宅ローンは組めない?
銀行が破綻したらどうなるのですか?
信金や地銀の特徴は?
金融機関の格付は必要?
語学力や技術力での金利優遇特典とは?
最近の住宅ローンの特徴は?
住宅ローンの情報収集方法は?
住宅ローンを組めるところは?
審査で職業はどれくらい影響する?
働く女性向けの住宅ローンは?
しんきんGOODリングの融資条件
民間金融機関の火災保険
変動金利型・固定金利型・固定金利選択型のメリット
競売の流れ
親からの援助と贈与税の注意
収入合算・所得合算
マンションの内覧会
フラット35のメリット・デメリット
仮審査からローン申し込みまでの流れ
固定金利選択型の使い方
貸金業・登録制度
特定調停制度
明細書・利用可能限度額
クーリングオフ・適用されない場合

Copyright (C) 2011 住宅ローンの資金計画ガイド All Rights Reserved