×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの資金計画ガイド



リバースモーゲージとは?

リバースモーゲージとはどのようなものですか?

リバースモーゲージというのは、一般的には住宅担保年金とか逆抵当融資とか言われているもので、通常の住宅ローンとは反対のものになります。

具体的な仕組みは、土地や住宅を担保にして生活資金等の融資を定期的・一時的に受け、死亡や転居などの契約終了時にはその担保不動産で返済するというものになっています。

ちなみに、リバースモーゲージの契約終了というのは、死亡だけでなく転売、転居、相続といった理由もあります。

今後の高齢化社会に向けて、金融機関、地方自治体、住宅メーカーも力を入れ始めているようです。

自治体のリバースモーゲージはどのようになっているのですか?

自治体が行うリバースモーゲージには次の2種類があります。

直接融資方式
直接融資方式は、自治体が融資から金利負担までをすべて直接行います。

ただし、こちらの方式の場合、担保の下落リスクや金利負担などのリスクをすべて自治体が負うことになりますので、平成17年1月時点において中野区と武蔵野市が行っているにすぎないようです。

融資斡旋方式
融資斡旋方式は、自治体が融資を行う金融機関の斡旋を行います。

なので、こちらの方式の場合は、融資自体は民間の金融機関が行いますので、自治体の負担は金利の支払いのみとなります。

とはいえ、担保評価の基準は民間金融機関の方が厳しいですので、利用者が融資を受けることができる総額は少なくなってしまうようです。


リバースモーゲージとは?
夫婦間や親子間の売買の場合は?
銀行や機構以外の住宅ローンは?
保証料の外枠と内枠とは?
建築費用の範囲は?
自治体融資とは?
自己資金のみでの購入は?
子や親のための住宅は?
社内融資のメリット・デメリットは?
住宅ローンを組む際の諸費用は?
署名・ゴム印・ワープロ・契約書
自己破産・破産手続開始決定・免責決定
審査・居住年数
電話勧誘販売・規制
ボーナス払いの割合
ライフスタイル、万一に備えたもの
契約時の保証料と手数料
繰上返済の仕組み
新築住宅のメリット・デメリット
効果的な繰り上げ返済の方法
マイホームの消費税
夫婦間の大型特例
マイホームを売ったときの税率
ネットの不動産広告

Copyright (C) 2011 住宅ローンの資金計画ガイド All Rights Reserved