×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの資金計画ガイド



夫婦間や親子間の売買は?

夫婦間や親子間で不動産を売買した場合にも住宅ローンは組めるのでしょうか?

夫婦間や親子間の不動産売買については、たとえ返済能力や収入などに問題がなくても、主に次のような理由から金融機関ローンの貸し出しを承諾しないケースが多くあります。

■マイホーム購入以外の利用をされる可能性があるから

■売買金額や名義の関係で後日トラブルが起こる可能性が高いから

■親族間の売買では正式な売買契約書が作成されず客観的な売買の確認が難しいから

■一般的に住宅ローンでは、保証会社の保証を受けられることが条件になっているが、金融機関と保証会社間の保証契約に「売買取引相手が子・親・配偶者の場合には保証の対象にならない」という条項があるから

ちなみに、金融機関によっては不動産会社を仲介させた上で売買契約書を作成し、通常の不動産売買取引を行うことによって、通常の住宅ローンと同様に住宅ローンの利用ができるようです。

その場合には、印紙代や仲介手数料等の経費が余計にかかることにはなります。

また、親が新居に移転するため、現在住んでいる親の住宅を子が購入するというようなケースもあるかと思いますが、そのような場合、親子間の売買での売買価格については時価で行わなければなりません。

もし、時価よりも低い価格で売却してしまうと、その差額には贈与税がかかってきますので注意が必要です。

夫婦間や親子間の売買が不可能な場合はどうなりますか?

夫婦間や親子間の売買が不可能な場合には、親から子への賃貸とか贈与とかが考えられます。

賃貸の場合でしたら、賃貸収入は親の不動産所得になりますので確定申告が必要になります。

また、贈与の場合でしたら、適用条件を満たしていれば相続時精算課税制度を利用することも可能です。


リバースモーゲージとは?
夫婦間や親子間の売買の場合は?
銀行や機構以外の住宅ローンは?
保証料の外枠と内枠とは?
建築費用の範囲は?
自治体融資とは?
自己資金のみでの購入は?
子や親のための住宅は?
社内融資のメリット・デメリットは?
住宅ローンを組む際の諸費用は?
消費者信用の法律
破産法が改正(免責関係)
審査とアンケート
通信販売の規制
親子リレー返済の活用
インターネット・バンク
住宅ローン控除の利用者・借入金の条件
期間短縮型のメリット
格安物件と広告規制
ローンの借り換えは返済負担を軽くする
マイホーム取得時の不動産取得税
共有名義の持ち分比率
マイホームの購入計画と物件探し
中古住宅の広告

Copyright (C) 2011 住宅ローンの資金計画ガイド All Rights Reserved