×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの資金計画ガイド



不動産以外の抵当権は?

不動産以外の抵当権は?

抵当権者は、目的物の交換価値だけを確保し、設定者に使用収益権を留保することから、生産財について最も合理的な担保とされています。

なので、不動産に限らず、特別法により、次のようなものを対象とする抵当権もあります。

■鉄道財団 ⇒ 鉄道抵当法 
■工場財団 ⇒ 工場抵当法
■航空機 ⇒ 航空機抵当法
■船舶 ⇒ 商法848条以下
■自動車 ⇒ 自動車抵当法
■建設機械 ⇒ 建設機械抵当法...など

関連トピック
序盤とは?

序盤というのは、鉄筋コンクリート(RC)造の基礎構造物の一部のことです。

序盤は、建物の垂直荷重を支持地盤に直接伝達するため、基礎梁の下部に設けたスラブを指します。

手付金等とは?

手付金等というのは、代金の全部または一部として授受される金銭と手付金その他の名義をもって授受される金銭で、代金に充当されるものをいいます。

また、手付金等は、契約の締結の日以後、取引物件の引渡し前に支払われるものをいいます。


DCF法とは?
不動産以外の抵当権は?
手付とは?
手付金等寄託契約とは?
手付金等の保全措置とは?
抵当権とは?
序盤とは?
手付と当事者の意思
手付金等寄託契約約款とは?
手付金等の保全の方法は?
デッドスペース
登記請求権
建築基準法上の道路
特定行政庁
土地区画整理事業
テラスハウス
投資信託協会の自主規制
道路位置の指定
特定空港周辺航空機騒音対策特別措置法
特定優良賃貸住宅制度
アドオン表示
裁判所からの訴状
借用書
クーリング・オフ

Copyright (C) 2011 住宅ローンの資金計画ガイド All Rights Reserved