×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの資金計画ガイド



税務署からの「お尋ね」とは?

税務署からの「お尋ね」とは何ですか?

マイホームを購入し入居して数か月経つと、税務署から「お買いになった資産の買入価額などについてのお尋ね」という書類が送られてくることがありますが、これは、マイホーム購入資金の流れをチェックするものです。

なぜ、「お尋ね」が送られてくるのですか?

「お尋ね」というのは、適切な課税を行うためのものです。不動産の取引に不自然な点がないかということを、特に購入資金の調達方法を確認します。

「お尋ね」には、どのようなことを記入するのですか?

「お尋ね」には、不動産の所有者や購入した物件の面積、住宅ローンの借入金額や自己資金など、マイホームの購入にかかわる資金の流れを記入することになっています。

これらについて、正確に記入し、期限までにすみやかに提出できるように、前もってマイホームの購入資金について把握し、領収書などは整理しておくことが大切です。

特に、マイホーム購入に当たって、親などからの資金援助を受けた場合には、それが借金なのか贈与なのかをはっきりさせておく必要があります。

「お尋ね」がきたときのために整理しておくことは?

「お尋ね」がきたときのために、次のような点については整理しておきたいところです。

■親などから受けた資金援助を贈与にしたくない場合には、共有持分または借入金として明確にしておきます。
■資金の出所について、メモや一覧表などをつくっておきます。
■預貯金通帳や定期預金計算書などは、整理してまとめておきます。
■相続時精算課税制度の適用を受けた場合には、きちんと申告します。
■複数の人がローンを負担した場合は、共有名義にしておきます。


固定資産税の軽減措置とは?
都市計画税の軽減措置とは?
買い換えで損が出た場合は?
マイホームを売却して収入を得たら?
3,000万円特別控除の特例の条件は?
固定資産税評価額の決め方は?
税務署からの「お尋ね」とは?
譲渡損失の繰越控除を受けるには?
マイホームを売却した時の控除は?
所有期間10年超の居住用財産の特例とは?
個人情報保護法・利用目的・特定
消費者金融・請求
申込資格・満20歳以上・安定収入のある人
差押さえ・債権
健康住宅
建築士
自然人の権利能力
元金均等返済から元利均等返済
更正登記
現実の引渡し
建築物の耐震改修の促進に関する法律
後見
公示価格
高度利用地区

Copyright (C) 2011 住宅ローンの資金計画ガイド All Rights Reserved