×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの資金計画ガイド



3,000万円特別控除の特例の条件は?

3,000万円特別控除の特例を受けるための条件にはどのようなものがありますか?

3,000万円特別控除の特例が受けられるのは、次のうちのいずれかの場合になります。

■現在住んでいる建物を売却した場合

※原則として、土地のみの売却では適用されませんので注意が必要です。

■現在住んでいる建物と一緒にその土地※を売却した場合

※借地権なども含みます。

■住まなくなってから一定期間内※に、次のいずれかに該当する建物や土地を売却した場合
・以前に居住していた建物
・以前に居住していた建物と一緒に売却された土地
・災害などで滅失した建物の土地

※3年を経過する日の属する年の年末までです。

■居住している建物を取り壊した後、1年以内に売却された土地。ただし、その間貸し付けやその他の用途に使用していないこと

3,000万円特別控除の特例の適用を受けるのに必要な書類にはどのようなものがありますか?

3,000万円特別控除の特例の適用を受けるためには、次の書類を準備して、売却した翌年の3月15日までに確定申告しなくてはなりません。

■譲渡所得の計算明細書

■売却した財産の所在地である市区町村が交付する「除票住民票」の写し、または住民票の写し※

※売却の日から2か月経過後に交付されたもの

■売却した建物や土地の登記簿謄本または抄本


固定資産税の軽減措置とは?
都市計画税の軽減措置とは?
買い換えで損が出た場合は?
マイホームを売却して収入を得たら?
3,000万円特別控除の特例の条件は?
固定資産税評価額の決め方は?
税務署からの「お尋ね」とは?
譲渡損失の繰越控除を受けるには?
マイホームを売却した時の控除は?
所有期間10年超の居住用財産の特例とは?
IDカード
家族の借金・返済義務
本人確認書類・身分証明書
相続・限定承認
権利金
建築不可
行為能力の制度
借換え専用の住宅ローン
債権・債務
減損会計
権利の濫用
公示の原則と公信の原則
公正証書
告示

Copyright (C) 2011 住宅ローンの資金計画ガイド All Rights Reserved