×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの資金計画ガイド



文化財保護法の記念物に関する内容は?

文化財保護法の記念物に関する内容は?

文化財保護法では、記念物に関しては、次のように定めています。

■文部科学大臣は、記念物のうち重要なものを「史跡」、「名勝」または「天然記念物」※に指定することができます。

※総称して「史跡名勝天然記念物」といいます。

■史跡名勝天然記念物の現状を変更等しようとする場合には、文化庁長官の許可を受けなければなりません。

■文化庁長官は、史跡名勝天然記念物の保存のために必要があると認めるときは、地域を定めて一定行為の制限と禁止等を命ずることができます。

関連トピック
文化財保護法の市町村に関する内容は?

文化財保護法では、市町村に関しては、次のように定めています。

■市町村は、都市計画区域や準都市計画区域内で、伝統的建造物群およびこれと一体をなしてその価値を形成している地区を、都市計画に「伝統的建造物群保存地区」として定めることができます。

※都市計画区域や準都市計画区域外の区域については条例によります。

■現状変更の規制と保存のための措置の条例を定めることができます。

■地方公共団体は、条例によって重要文化財、史跡名勝天然記念物以外の文化財で重要なものを指定して、その保存と活用のため必要な措置を講ずることができます。


文化財保護法とは?
文化財保護法の記念物に関する内容は?
文化財保護法の重要文化財等の指定の通知とは?
変更登記とは?
返済能力とは?
文化財保護法の有形文化財に関する内容は?
文化財保護法の市町村に関する内容は?
分野調整とは?
権利の変更登記とは?
保安林とは?
法人
抹消登記
奔走義務
マルチ・ハビテーション
無能力者
法定地上権
保証債務
マンション管理業者
民間都市開発推進機構
宅建業の免許
クレジット・消費者金融業会
ショッピングクレジット
消費者信用
商品保全の仮処分

Copyright (C) 2011 住宅ローンの資金計画ガイド All Rights Reserved