×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの資金計画ガイド



文化財保護法の重要文化財等の指定の通知とは?

文化財保護法の重要文化財等の指定の通知とは?

文化財保護法によって、重要文化財と史跡名勝天然記念物が指定されると、所有者に通知されます。

文化財保護法による指定地域や条例の確認は?

次のものは、都道府県や市町村の教育委員会で確認することができます。

■保存のための地域の指定
■関連の条例等

ちなみに、周知の埋蔵文化財包蔵地の確認も同様です。

関連トピック
分野調整とは?

昭和51年に施行された中小企業分野調整法は、中小企業固有の分野に大企業が進出しようとする場合、中小企業側は、その業種の主務大臣に「調整の申し出※」を提出できることとしています。

※大企業の進出計画の縮小や撤退を大臣に勧告してもらいたいとの要望のことです。

不動産業界の分野調整は?

不動産業界では、昭和53年に、三井不動産販売(株)のFC展開に対して、全宅連が「仲介業務は中小企業固有の分野」という観点から「調整の申し出」を行っています。

なお、これについては、昭和56年に全宅連と三井の協議が成立しています。


文化財保護法とは?
文化財保護法の記念物に関する内容は?
文化財保護法の重要文化財等の指定の通知とは?
変更登記とは?
返済能力とは?
文化財保護法の有形文化財に関する内容は?
文化財保護法の市町村に関する内容は?
分野調整とは?
権利の変更登記とは?
保安林とは?
法定代理人
間取りと畳
マーケティング
マンションの建替えの円滑化
申込証拠金
保佐人の同意
保証人
マンション管理士の資格試験
都市再生事業
免許換え
準備預金制度
審査
消費者保護法
シングルカード

Copyright (C) 2011 住宅ローンの資金計画ガイド All Rights Reserved